家庭用脱毛器は用途に合わせて使う

家庭用脱毛器は家にいながらにして、いつでも気軽にエステ並みの脱毛ができることからとても評判が高いです。種類も値段もさまざまですが、購入する際のポイントといえば用途に合わせて選ぶことです。まずはどの部分のムダ毛を処理したいのかが重要となってきます。部分脱毛か全身脱毛か、それによって対応する機種も変わってきます。全身脱毛ならフラッシュ脱毛器がとても人気があります。光の照射範囲が広いので、全身のムダ毛をスピーディーに処理することができます。気になる部分のムダ毛をごっそり取り除くというよりは、全体的にムダ毛のボリュームを減らすといった感じです。もちろん産毛の脱毛にもお使いいただけます。

 

フラッシュ脱毛は痛みがない

フラッシュ脱毛は比較的使い勝手もよく、痛みもほとんどありません。値段は4万円前後から高いものでは10万円を超えるプロ仕様のタイプまであります。初心者ならお手頃な価格帯から選んだほうがよいかもしれません。そして部分脱毛には家庭用レーザー脱毛器がおすすめです。ピンポイントの脱毛にすぐれた効果を発揮するレーザータイプは、わきの下、すね、Vゾーンなどに最適です。唯一、難点といえば痛みを伴う可能性がある点です。毛根にレーザーで熱を与えるので、どうしても熱くて痛いと感じてしまいます。ただしこの痛みについては、麻酔用のクリームとの併用で緩和させる方法もあるようです。

 

セルフ脱毛とは一体?

セルフ脱毛と聞けば、たいてい脱毛剤や脱毛器具を使って自分でムダ毛の処理をすることと思われると思います。しかもその言葉の裏には、自宅でといったニュアンスが含まれていませんか?今、人気を集めているのはセルフ脱毛です。なんとエステサロンで脱毛器を借りて、自分で脱毛する方法です。何しろプロ仕様の高価な脱毛器をサロンで使わせてもらって、自分でムダ毛の処理をすることができるのです。一見よさそうに感じながらも、ちょっと不安な人もいるかと思います。でも、ここからがセルフ脱毛の特徴であり最大の魅力です。器具と場所だけを提供されて、はい、ご自由にどうぞではありません。初めにスタッフから脱毛器の使い方、注意点など、きちんと説明を受けてから使うことが許されます。もちろん、不明点や困ったことがあればサポートしてもらえるので安心した環境の中でできます。

 

光脱毛を使うには?

おまけにサロンで使用されている脱毛器は光脱毛、IPL脱毛のタイプがほとんどです。操作も簡単で安全性も高いので安心です。光を広範囲に一気に照射するので、痛みもなく、あっという間にツルツルになります。両わきで5?6分、両ひざ下で20~25分程度で脱毛終了です。さらにうれしいのはお手頃な利用料金です。サロンによって値段の差はありますが、平均して10分で2000円程度と凄く安いです。いまだにムダ毛の処理は人に見られたくない、見せたくないという人が多いと思います。これなら恥ずかしい思いをせずに綺麗になることができると思います。

おすすめの記事